人事評価制度の作成

現代の社員管理ではあいまいなミッションや指示では目標を達成しにくいと言われています。
また、過程評価と結果評価も企業や社員個人にも差があります。企業として誰に何をしてもらいたいのか、どのような結果に対してどのような評価を与えられるのかを明確にすることで社員は活動しやすく、またやりがいも出てきます。
人事評価制度は企業にとっても従業員にとっても明確化されメリットが多いと言われています。

現状の診断から始まります

#企業・従業員の双方に活きる制度はヒアリング診断から

人事評価制度は企業規模、業態、理念、経営状況、現状により様々です。
また、企業側の思いだけでは従業員の反発を受けることもでてきます。
今までの制度又は、就業状況も考慮して行かなければなりません。

これらを現状についてご経営者や人事ご担当者にヒアリングをさせていただき設計をしていきます。

また、同時に新人研修や管理職研修が必要な場合などは同時に設計をしていきます。

ガイドラインの策定

#職種や階層、キャリアから概要を設計

評価は部門・職務・役職により変動します。
この部門、階層別に仕分けを行います。また企業の求める理想へのストーリーを検討し、どのようなステップを踏んでいくのかを設計します。
これらのストーリーが指針となりますので従業員のモチベーションアップにつながるか、不公平ではないかを検証していきます。

従業員への説明面談

#高い理解力とやりがいを感じてもらう

人事評価制度は「賃金コストカット」ではありません。
人材を活かすために「適材適所」「人材活用」「人材育成」が目的となり、従業員が活き活き仕事をしてくれれば、企業には利益がでるはずです。
その為の人事評価制度のため従業員の「理解」と「やりがい」は重要事項です。
部門、階級別の評価制度の説明や個人面談などで従業員の理解を得ます。

お気軽にお問い合わせください

営業時間:午前9時〜午後7時  

その他のサービスのご案内