現代の企業は先行き不透明感が多く、昔ながらの終身雇用制度や年功序列制度などは薄れています。諸外国では仕事・役割・貢献度で評価されることが一般的ですが、日本においては需要性、企業の支払い能力、社員の生計などが制度に反映されていることが多い傾向です。また、現代は雇用者の意見力、価値などにおいても一昔前とは大きく変化を見せています。よって、業種、規模、現状、事業計画に合わせ効率的な賃金制度が必要となり、ある時期で見直し検討、改定が必要となってきます。また雇用者にとって賃金とは最も重要なものになりますので社員モチベーションや業績、定職率にも影響を与えますのでしっかりとした調査・検証の上作成することが必要です。

※公平理論グッドマン&フリードマン公平に評価されることがモチベーションに大きく影響します。

■報酬の明確化で公平性向上
■従業員の目標意識が向上
■企業貢献への意識向上
■生計の見通し、計画性向上

■賃金の効率が向上
■教育、管理タスクの明確化
■従業員モチベーション向上
■雇用トラブルの減少

当研究所では業種・市場・経営状況・就業状況に合わせた、「人事評価制度」「賃金制度」の効率診断をしております。「経営が厳しい」「先々心配」「改定検討中」の企業様一度診断を受けてみませんか?

お気軽にお問い合わせください

営業時間:午前9時〜午後7時  

その他のサービスのご案内